トレンドアフィリエイトでたった1記事でも稼ぐ方法

トレンドアフィリエイトで稼ぐ方法について

実際に莫大なアクセスを集める方法についての

動画がありましたのでご紹介いたします。

 

トレンドアフィリエイト初心者がたった1記事でも初日から稼げる具体的な手法 -エンちゃんねる

 

トレンドアフィリエイトは初挑戦だったのですが
実践二日目で報酬を上げることができました。

 

今回は、そのやり方をお伝えします。

 

まず2日間で書いた記事は9記事。

 

そのうち8記事はトレンドアフィリエイトではよくある
Yahooニュースの虫眼鏡キーワードを使ったものです。

 

しかし8記事程度ではぜんぜんブログにパワーがありません。

 

そのためあんまりアクセスも集まりませんでした。

 

そこで、9記事目に手法を変えてやってみたところ
アクセスが爆発し報酬を稼ぎ出すことができたのです。

 

このやり方は初日からでも報酬を狙っていけます。

 

ですので、まだ稼げていない方、これから稼いでいきたい方は、
ぜひ参考にしてください。

 

では、その方法をお伝えいたします。

 

それは、「未来ネタ」を扱うということです。

 

未来ネタというのは、「世間で話題になる前のネタ」のことです。

 

この手法を使えば、ライバルが少ないうちに
先手を打つことができ、出し抜いていくことができるので、
記事数が少ない弱小ブログでも稼ぎ安くなります。

 

それではさっそく具体的なやり方を説明します。

 

まず検索欄に「Yahoo テレビガイド」と打ち込み検索します。

 

そして検索結果の「YahooテレビGガイドテレビ番組表」をクリック。

 

ページが表示されたら「テレビ番組表」をクリックします。

 

すると番組表が現れます。

 

この番組表を使って未来ネタを仕込んでいくのが今回のやり方です。

 

そもそも話題はTVが放送された後に起きやすいものです。

 

ですので、話題になりそうな番組を記事ネタにして書けばいいのです。

 

ただすべての番組の説明欄をチェックするのは大変です。

 

なので、ゴールデンタイムの番組や
人気番組を中心にチェックしていき、

 

面白そうな話題があればそれを記事ネタにして
書いていくのがお勧めです。

 

やり方としては以上です。

 

あまりイメージがわかない方もいると思うので、
さらに具体的に突っ込んでご説明します。

 

これは、実際に二日目で報酬が発生した実例です。

 

SMAPの番組「SMAP×SMAP」で、
沢尻エリカがスマップのメンバーの誰かに
昔から好きだったという告白をする企画がありました。

 

その企画内容を知った私は、きっとこれは話題になるだろうなと思い、

記事ネタにすることを決めました。

 

そして、ここが大切なのですが、

 

話題になったときに
どういったキーワードで検索されるのか
考えた上でタイトルをつけるというのが大切です。

 

たとえばだめな例としては、

 

「沢尻エリカがSMAP5人のうちの誰かに告白か?」
といったようなタイトルではだめです。

 

なぜだかわかるでしょうか?

 

放送後は、もう誰に告白したかわかっている状態です。

 

ですので、
「相手の名前 沢尻エリカ 告白」
といったキーワードを含んだタイトルを作ります。

 

そうやって記事を書いておけば、放送直後に自分のブログに
一気にアクセスが集まります。

 

実際に集まりましたし、稼げています。

 

もちろん5人のうちの誰に告白するのかが
わからなければ、これは成立しませんでした。

 

しかしそういった情報は調べれば見つかります。

 

実際たいした時間もかけずに調べることができ、
記事を書き上げることができました。

 

こういった未来ネタを意識して記事を書くことで
初期の段階でも圧倒的に稼ぎやすくなります。

 

まだ稼げていない方、これから稼いでいきたい方は
こういった点を意識しながら記事を書いてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1000円のサイトアフィリ塾

最近のコメント

    アクセス

    ▲トップへ戻る